花粉症の不妊症への影響 | 茨城県小美玉市の不妊治療・婦人科 小塙医院

茨城県小美玉市の不妊治療・婦人科 小塙医院

*

花粉症の不妊症への影響

 

Q:
妻33歳、夫31歳。妊活歴3年です。タイミング法と人工授精を数回行いましたが、妊娠には至りませんでした。最近は花粉症がひどく、鼻水が止まらずいらいらしてしまいますが、薬を服用して良いのか分からず我慢しています。花粉症の薬は不妊治療に影響がありますか。

A:
花粉症による目や鼻、咽頭の症状が続くといらいらが募り、不妊治療に悪影響を及ぼす情緒不安定や不眠を招きます。そのため花粉症の症状は早めに抑えたほうが良いでしょう。

交感神経への刺激の持続や、それによる酸化ストレスが増大すると、脳下垂体から分泌する卵胞刺激ホルモン(FSH)、排卵黄体化ホルモン(LH)、卵巣から分泌する黄体ホルモン(P4)、女性ホルモン(E2)などに悪影響を及ぼします。さらに卵の質の低下や排卵障害、未破裂卵胞、子宮内膜の希薄化、黄体機能不全の原因になる場合もあります。中でも黄体機能不全は注射・内服による黄体ホルモンの投与の効果がなくなり、アレルギー反応を起こしてしまうことが多くなります。

花粉症の薬は一般的にアレグラ、鼻炎の症状が強いようならディレグラが推奨されます。注意すべき点は、ステロイドを含むか否かです。ステロイドの含有量が多いと花粉症には効き目がありますが、妊娠への影響は大きいので服用しない方が良いでしょう。

花粉症は無理に我慢せず、ステロイドを含まない薬を服用して快適な毎日を過ごした方が不妊治療には有効です。

 - 不妊治療Q&A , ,