当院の診療方針と特長 | 茨城県小美玉市の不妊治療・婦人科 小塙医院

茨城県小美玉市の不妊治療・婦人科 小塙医院

*

当院の診療方針と特長

当院の診療方針(コンセプト)

当院は「ナチュラル・イズ・ベスト」の精神で自然妊娠の実現を重要視しています。

担当医:小塙 清 理事長近年は、生活スタイルの変化や社会の諸事情により、欧米先進国と同様に国内でも、結婚年齢が30年前(22〜26歳)と比較して遅くなっている傾向(30〜35歳)にあります。

そして、その影響から、卵子の老化(卵子は胎生期にはすでに完成しており、以後、減少と老化が進んでいきます)も、最近の女性を取り巻く大きな問題となっています。さらに、卵子の老化は加齢だけではなく、特に35〜40歳ごろにかけては、各人の食生活や健康状態といった生活状況によっても、そのスピードは大きく変化していきます。

当院では基本的に、不妊検査(子宮卵管造影法、子宮鏡、子宮内膜組織診、ホルモン視床下部―下垂体―卵巣系負荷テスト、感染症・血液一般検査、性交後子宮内精子上昇テスト、抗精子結合抗体)において異常が認められない限りは、「自然妊娠の可能性あり」と判断し、自然妊娠を目指した診療、治療を行っています。

3〜4周期は、正確な排卵日を前もって推定してお伝えしています。その理由は、日々忙しく仕事に従事している夫の立場からすると、突然、妻から排卵日を伝えられたり、性交を要求をされても、満足できるタイミングを逃してしまう場合があるため、そうした心理的負担を軽減するためです。

必ず月経前2〜4日目での超音波検査とホルモン検査により、おおよその排卵日を推定した上で、排卵推定日の数日前にも同様の検査を行い、卵子と精子の寿命を考慮した、より詳細な排卵期間をご提示いたします。さらに、排卵後の確認を排卵推定日の2日以内に行います。

また、性交後子宮内精子上昇テスト(フーナーテスト)を実施した場合には、子宮頸管内で生存活性化した精子の検査を行い、自然妊娠の確率を計算します。

3〜4周期にこうした精密なチェックを行っても妊娠に至らず、さらに、卵子の質や発育、受精、着床に関する酸化・抗酸化力テスト、免疫機能テスト、抗精子結合抗体精密検査、精子精密検査を実施して、異常値が検出されてから初めて、その改善や対応する治療法(AIH(人工授精)・IVF(体外受精)・ICSI(顕微授精))を検討していきます。

しかしながら、こうした次の治療へのチャレンジ期間においても、「自然妊娠は無理だ」とは考えてはいけません。お互いにあきらめず、真剣に適切なタイミングを見計らって自然妊娠を目指していきましょう。

 

当院が重視している検査

抗精子結合抗体検査

「抗精子抗体」とは、血液など女性の体液に存在するもので、精子に対して、死滅させる、運動能力を阻害する、卵子への進入を阻害する、精子どうしを凝集させるなど、さまざまな影響を与えます。精子結合抗体検査では、精子のどの部分(頭部・頸部・尾部・全体)に抗体が付着しているかを精密にチェックします。県内で実施しているのは当院だけです。

抗精子結合抗体抗精子抗体が精子の侵入を妨げたり、攻撃したりする。
抗精子結合抗体"卵子への精子の侵入を拒否したり、攻撃を加える。

 

免疫機能検査

人間が生きる上で欠かせない免疫機能。健康維持には、異物を排除する「細胞性免疫(Th1)」と、体内の各種抗体を管理する「液性免疫(Th2)」とのバランスが大切で、そのバランスが良好かを調べます。Th1が強く働いていると、胚が拒絶され、子宮内膜に着床しづらくなります。一方、Th2が強く働いていると、受精障害や胚発達障害のほか、血栓ができやすくなり、胚周囲の血管断裂を招き流産しやすくなります。

免疫機能検査胚が着床するのを拒否する。

免疫機能検査"抗体が血管を押しつぶして胚に血液が届かない。

 

抗酸化力・酸化ストレステスト

酸素は体内に入ると「活性酸素」となって血液から体中に運ばれます。活性酸素が必要以上に増えると、体まで酸化させて体調悪化を招きます。この活性酸素を除去する機能を「抗酸化力」といい、酸化作用と抗酸化作用のバランスが崩れ酸化が過剰に進んだ状態を「酸化ストレス」といいます。酸化ストレスは、卵子の成熟障害や質の低下、染色体異常、受精障害、着床障害などの原因となります。精神状態などで数値が変動しやすいため、適宜検査を受けることをおすすめします。

抗酸化力・酸化ストレステストストレスや病気、老化など、さまざまな要因で体内の活性酸素が増えると、不妊の原因となることも…。

抗酸化力・酸化ストレステスト"規則正しい生活習慣やストレスの軽減、良質な栄養摂取での抗酸化力の向上と、定期的な検査が大切です。

 

当院の特長

不妊治療専門医院としての実績と歴史

不妊治療専門医院としての実績と歴史当院は昭和48年の開院以来、40年以上にわたって地域医療に携わってまいりました。また、不妊治療には平成3年から本格的に着手しており、県内のクリニックの中でも指折りの25年以上の歴史と実績を誇っています。

患者さまにリラックスいただけるロケーション

患者さまにリラックスいただけるロケーション都市部の喧騒さは不妊治療を行う上で望ましいものではありません。精神的な疲労は酸化ストレスを上昇させ、不妊の原因となります。周囲に筑波山や霞ヶ浦など豊かな自然を望む当院では、恵まれたロケーションの中でリラックスして治療に専念いただけます。

プライバシーに配慮した診察室

プライバシーに配慮した診察室患者さまのプライバシーを守ることは私たち医療機関の大きな責任です。当院では、通常の診療を行う診察室のほか、詳細な治療の説明やカウンセリングを行うための部屋をご用意しています。どうぞ安心して不安やお悩みをご相談ください。


小塙医院の診療時間

小塙医院の診療時間
※初診の患者さまについては、午前中は11時まで、午後は16時までの受付となります。