免疫抑制剤による妊娠力アップ(1) | 茨城県小美玉市の不妊治療・婦人科 小塙医院

茨城県小美玉市の不妊治療・婦人科 小塙医院

*

免疫抑制剤による妊娠力アップ(1)

 

Q:
妻37歳、夫41歳で不妊治療歴は6年です。体外受精、顕微授精を合計10回以上行い、化学的妊娠3回、稽留流産を1回経験しましたが、生児は得られていません。不育症専門の医療機関で精査しましたが異常はなく、主治医には着床障害の有無が分からず、調べようがないと言われました。最近、ネットなどでよく見る免疫性着床障害に当てはまるのでしょうか。この障害について教えてください。

A:
免疫機能は、細菌(ウイルス)などの侵入物を抹殺したり、さらなる侵入物に対して抗体を作って体を守る大切な働きです。そのため免疫力が低下すれば、病気になりやすくなります。免疫には細胞性と液性の2種類があり、お互いにバランスを取りながら働いています。

細胞性免疫÷液性免疫(免疫比)の正常値は8〜12で、血液検査で調べられます。数値が大きくなれば移植胚などに対する拒絶力は大きくなり、12以上になると移植胚は拒絶されます。免疫比が正常な場合、通常の月経周期で考えると月経時は15、卵胞発育期は12〜15、排卵期は8〜12、着床期は胚を拒絶しにくいように6〜8になります。しかし低値(6以下)の場合、妊娠に必要な黄体ホルモンに対してアレルギー反応を起こし、着床しにくくなります。

このように免疫はバランスが大切です。免疫比が高値で胚拒絶症の場合は免疫抑制剤を使いますが、月経周期に合わせて投与量を増減するなど、主治医には知恵と経験が求められます。使い方を上手にコントロールできれば、妊娠率は上昇するでしょう。

 - 不妊治療Q&A ,